鶴保の政策

地域と暮らしの
3つの安心

  • 子育ての
    安心

    安心して子供を産み育てられる社会

  • 子育ての安心

    安心して子供を産み育てられる社会

    01子育て支援施策(給付・保育)の充実

  • ・子育て支援施策の充実を図り,居住を希望する地域において、安心して子供を産み育てられる子育て環境を整備します。
  • ・子育てによる労働環境の維持・変化に柔軟に対応できるよう、育児ニーズに応じた働き方改革を推進します。
  • 02教育の充実

  • ・デジタル社会をふまえた人材育成を鑑み、教育プログラムの充実や学校のICT環境を整備するとともに、民間が求める人材を柔軟に育成できる高等教育を推進します。
  • ・屋内運動場等の学校の耐震化を推進するとともに、教員の指導力の向上や通学経路の地域の安全を確保し、安心して学べる教育環境の向上を図ります。
  • 03自然環境保護

  • ・海・河川におけるマイクロプラスチック対策等、日々の食生活に直結する食料資源等の安全・安心の確保を推進します。
  • ・地域の自然環境保全を推進し、脱炭素社会に向けた大気汚染対策や水資源保護に積極的に取り組みます。
  • 暮らしの
    安心

    誰もが安心して頑張れる社会

  • 暮らしの安心

    誰もが安心して頑張れる社会

    01防災・減災・国土強靭化

  • ・近年の気象変化に対応する機動的で柔軟な防災・減災対策を推進すると同時に、ドローン技術の利活用を通じたデジタル化時代の防災・減災・復旧対策を図ります。
  • ・様々な自然災害時にもライフラインを維持できるよう、電力・道路・鉄道・空港・港湾といった重要な交通インフラや物流機能の強靭化を推進します。
  • 02地域公共交通の維持・道の駅の整備

  • ・地域公共交通機関への支援やBRTの活用を推進し、暮らしを守る交通網の維持・確保を図ります。
  • ・ドローン技術を活用し、山間地への集配など新たな物流網の整備を図るとともに、農林水産業や災害・防災対策等への多面的な活用を推進します。
  • ・道の駅の整備を推進し、観光資源としてのみならず、防災拠点としても活用するなど多機能拠点としての活用を図ります。
  • 03年金制度・社会保障制度の充実

  • ・年金をはじめ人生100年時代を見据えた社会保障制度を構築します。
  • ・医療・介護・福祉人材の確保等をすすめ、全国どこでも安心して医療・介護・障害福祉等が受けられる体制を整備します。
  • 地域の
    安心

    「地元で働く」を叶えられる社会

  • 地域の安心

    「地元で働く」を叶えられる社会

    01科学技術の実装・観光資源利活用

  • ・行政が積極的に新技術を活用し、実験的な社会実装の中で世界をリードする産業を育成する(SBIR)とともに、ローカルイノベーションへの展開を図ります。
  • ・世界遺産サミット等を通じて国内外の先進的な観光施策を掌握し、地域の観光資源を磨き上げるとともに、広域連携を基軸とした観光立国推進を図る
  • 02古民家活用・中古住宅市場活性化

  • ・観光施設や商業利用としての古民家の活用を推進するとともに、中古住宅市場の活性化を推進し、ライフステージに応じた柔軟な住まい方の対応を図ります。
  • ・古民家・住宅団地の再生や空き家バンクの活用等により、空き家の活用と低未利用地の利用促進を通じた地域活性化を推進します。
  • 03農林水産業(水産・捕鯨)

  • ・地域の特産物をいかした農業の6次産業化・地産地消・農商工連携を推進するとともに、鳥獣被害対策に全力で取り組みます。鯨類をはじめとする水産資源の適切な管理と水産業の成長産業化のための取り組みを支援し、漁業者の所得向上と日本の水産業の競争力強化を図ります。
  • ・捕鯨にゆかりのある地域の捕鯨文化と関係者の生活を守り、商業捕鯨の振興を推進します。
  • バス自動運転の実証実験出発式(石垣島)にて

  • ゴーグルをつけてメタンハイドレート燃焼実験(資源エネルギーにに関する調査会長として)にて

  • 小型無人機ドローンを使った貨物輸送の実用化に向けた実験にて

  • 関空の災害対策を含めたインフラ強化を推進する様子

  • 組込みIoTイノベーション議員連盟幹事長として、東京ビックサイトの視察にて

  • 梅調味廃液を活用したバイオガス発電所の竣工にて

  • 日本遺産「鯨とともに生きる」鯨食文化展にて

  • 海を通じて世界と生きる資源開発、安全保障での質疑にて