みちびき2号機打ち上げ成功


本日、種子島宇宙センターから、準天頂衛星「みちびき」2号機を載せたH2Aロケットが打ち上げられました。

その後、無事に所定の軌道に乗っているという報告も受けましたので、見事打ち上げ成功です!!

まずは打ち上げに携わられた関係各位に心よりの賛辞と深い敬意を表します。


私も担当大臣として現場に駆けつけ、その瞬間を見守ってまいりました。

発射地点周辺は万が一の事故に備えて立入禁止になりますので(地元の漁協にも漁に出ないようご協力頂いています)、3km程度離れた地点から視察させて頂きました。

特筆すべきは何と言ってもその“轟音”。まるでお腹にまでバリバリと響くかのようでした。なんでも、島中で聞こえるそうです。

ちなみに、打ち上げの瞬間に大量の白煙が周囲に広がる様子を映像でご覧になった方もおられるかもしれませんが、これは排気ガスではなく実は水蒸気。発射の際の衝撃や音を緩和するために使用している水が一気に蒸発して煙のようになっているんだそうです。
今回成功した2号機に続いて、3号機・4号機も今年中に打ち上げ、2018年には本格的な運用を開始する予定にしています。

センチメートル単位の高精度な位置測定も可能になり、安全保障や民生利用の面でも様々なメリットが生まれ、新たなビジネスにつながる可能性も大いに秘めています。

日本が世界に先駆けて開発してきた準天頂衛星技術です。今回は内閣府の衛星として初めて打ち上げました。宇宙政策から日本の成長を引っ張っていく、そんな強い覚悟を、内閣府あげて新たにしているところです。

カテゴリー: IoT・新技術