BRTの自動運転

Pocket

“BRT”ってご存じでしょうか。
バス・ラピッド・トランジット(Bus Rapid Transit)の略で、連節バスやバス専用道、バスレーンなどを組み合わせ、より多くの人を、より速く、より定時性をもって輸送しようというバスシステムです。

※新潟市HPより

 

2011年の東日本大震災では、岩手県内の鉄道も甚大な被害を受けました。復旧・復興の計画を練る中で、採算を取るのが難しい地方の鉄道路線をどうするかという議論になり、BRTという新しい公共交通機関を中心にしたまちづくりを進めようと、国交省、JR東日本、地元自治体とが協議を重ね、導入に到ったのです(当時つるほ庸介は国土交通副大臣でした)

気仙沼線は2012年12月22日、大船渡線は2013年3月2日から、JR東日本によるBRT運行が開始されました。

そんな中、昨年の12月からこの大船渡線において、自動運転バスの実証実験が行われており、その様子が先日報道陣にも公開されました。

つるほ庸介は内閣府特命担当大臣在職中、沖縄県内の公道でバスの自動運転の実証実験導入に踏み切りました(実際に何度か試乗にも訪れています)

※JR東日本HPより

 

過疎地における公共交通機関の維持については、多くの市町村が抱えている悩みの一つで、和歌山県も例外ではありません。

「自動運転のBRTが地方の公共交通機関の核になる。地方の人の生活を大きく変える」。

そんな思いから、何年も前からこの分野には特に注力してきました。大臣時代に沖縄で行った自動運転の実証実験も、本当は和歌山県で行いたかったぐらいです。

 

実証実験もここのところ数を重ねてきており、そう遠くないうちに社会実装化できる技術進歩がなされると確信しています。

その時に我が和歌山県で迅速に対応ができるのか。今からその備えをしておかねばならないと考えています。

 

※BRTの詳細については、JR東日本のHPをご覧下さい。

https://www.jreast.co.jp/railway/train/brt/index.html

 

カテゴリー: IoT・新技術, インフラ整備, 物流・トラック・自動車