日本遺産「鯨とともに生きる」鯨食文化展


本日、自民党本部にて、日本遺産「鯨とともに生きる」鯨食文化展が開催され、つるほ庸介も冒頭より出席させて頂きました。

会場には二階幹事長や鈴木俊一捕鯨議員連盟会長、和歌山県より仁坂知事、三軒太地町長など多くの皆様方が来場され、鯨の竜田揚げなどの鯨メニューの試食や、鯨肉を使用した鯨ジャーキーや鯨カレーなど、思い思いの商品を購入されていました。

「鯨とともに生きる」は、太地町や串本町、那智勝浦町などで受け継がれてきた古式捕鯨や祭り、伝統行事などが一昨年、文化庁の日本遺産に認定されたものです。

日本の行っている調査捕鯨に対し、反捕鯨国からの反発は強く、妨害工作や嫌がらせも受けているのが現状。

和歌山県太地町などは捕鯨とともに町の歴史を紡いできたこともあり、この文化を後生にしっかりと受け継いでいけるよう、様々なバックアップをしていかねばなりません。

また、IWC(国際捕鯨委員会)においても、しっかりとした科学的なデータに基づく冷静な議論を積み上げ、将来的な商業捕鯨の再開につなげていきたいと考えております。

つるほ庸介も捕鯨議員連盟の一員として、引き続きしっかりとこの問題に取り組んでいく所存です。

※日本遺産「鯨とともに生きる」については以下HPで詳しく紹介されています。
http://kumanonada-nihonisan.jp/

カテゴリー: ふるさと和歌山, 政策, 農林水産